アコムの在籍確認は電話以外でも可能?【在籍確認を攻略する方法】

アコムは大変有名かつ実績の多い大手カードローン会社の1つです。中にはアコムの利用を検討している方も多いのではないでしょうか?

アコムでは融資審査において「電話による在籍確認」を行っています。

その為、中には「アコムの在籍確認は電話以外はできないのか」「在籍確認は必ず必要?」とお考えの人もいます。

ここでは、アコムの在籍確認なしで融資を受ける方法やスムーズに終わる在籍確認の流れなども詳しく解説していきます。

アコムでは在籍確認を必ずしている

アコムは融資審査の段階で必ず「在籍確認」を行います。

在籍確認とは、カードローン会社の融資審査担当者が直接申込者の勤務先に電話連絡をすることで、申込者が本当に申請した勤務先に在籍しているかを確認することです。

理由としては、以下のことを確認しなければならないからです。

  • 申込者の返済能力の確認
  • 申込者が虚偽の申告をしていないか

アコムは銀行ローンとは異なり、無担保で融資をしているので申込者の返済能力を確認しなければなりません。そのため、「名前」「住所」などではなく、「他社借入額」「勤務先」といった様々な個人情報を必要とします。

そして虚偽の申告を行っていないかを端的に確認する方法として、電話による在籍確認は非常に重要な審査項目となります。

アコムで在籍確認を行うタイミング

アコムの審査において在籍確認がタイミングは以下の時です。

  1. 借入申し込み
  2. 在籍確認
  3. 申し込み内容・提出書類の確認
  4. 契約
  5. ローンカードの発行
  6. 利用開始

融資申し込みをするとまず、申込者の申請した「個人情報」と「個人信用情報」の確認が行われます。

なお個人信用情報は申請された内容のほかに、個人信用情報機関にも問い合わせて、ブラック情報がないかなどを詳しく見ていきます。

その後に、申込者の連絡先へアコムの審査担当者の方から連絡がきて「本人確認」と「申込内容の確認」をします。

この段階で「勤務先に電話をかけてもよろしいでしょうか」と在籍確認の許可が求められます。必ず申込者の了承があってから在籍確認を行うので、いきなり勤務先に電話がかかるということはありません。

もしスムーズに進めば申し込みからおよそ30分程度で在籍確認の連絡がきます

なお本人確認書類の提出は在籍確認の前・後どちらになるかはアコム側の状況や申請内容によっても異なります。

在籍確認の日時は事前に相談が可能

在籍確認を行う際に、事前に電話する日時を審査担当者に相談も可能です。

たとえば「午後は会社に誰も居ないので電話に出られない」といった理由です。その場合は、電話連絡を午前中にしてくれるといった配慮がされます。

当たり前ですが、「在籍確認以外の要件」や「会社名を指定する(別の会社を名乗る)」といった要望はNGなので注意しましょう。

土日祝でも在籍確認はできる

アコムでは土日祝でも営業時間内であれば在籍確認を行っています。

ただし、申込者の勤務先が定休日の場合は、勤務先の翌営業日に在籍確認が実施されるという約束で貸付を行ってくれる場合もあります。

その場合は書類提出や個人情報・信用情報に全く問題がないことが条件です。

在籍確認は初回契約時の1回だけ

アコムでは基本的に在籍確認は初回契約時の1回だけです。

1度審査に通ってしまえば、再度の借入の時に審査担当者から電話がかかってくることはありません。

ただし、利用限度額の増額や転職や引っ越しといた最初の契約時と個人情報が異なる・別のサービスを利用する・解約後に再度契約をする際には在籍確認が必要となります。

電話以外の方法でも在籍確認をしてくれる場合も

申込者の状況やアコムの審査担当者の判断次第では電話以外での在籍確認を取ってくれることもあります。

そもそも在籍確認とは勤務先に実際に働いているかを確認するための工程なので、ちゃんと在籍が確認できれば必ずしも電話でなければならないという訳ではありません。

例としては「勤務先はコンプライアンスの関係上外部からの電話は取り次がないことになっている」「アコムの営業時間内に勤務先が営業していない」といった場合であれば「電話確認による在籍確認が出来ない事情」と判断されることも。

その場合には「書類提出」による在籍確認が認められるかもしれません。こちらの判断は審査担当者の判断次第なので確実という方法はありません。

もし電話以外の在籍確認を希望するならフリーコール(0120-07-1000)でオペレーターに相談してみましょう。

在籍確認でアコムの利用がバレることはまずない!

基本的にアコムの在籍確認連絡を原因として職場にアコムの利用がバレることはまずありません。

なぜなら、アコムの審査担当者が電話連絡をする際は申込者のプライバシーの観点から「アコム」といった会社名を出すことはありません。必ず審査担当者の個人名を名乗ります。

そのため申込者本人が電話に出られなかったとしても職場の人にバレてしまう可能性はとても低いです。

在籍確認の流れ

基本的な在籍確認の流れは以下のように進みます。

カードローン業者
カードローン業者
○○(担当者の個人名)と申しますが、~様(申込者本人)はいらっしゃいますか?
~は私です
申込者
申込者
カードローン業者
カードローン業者
お世話になっております。アコムの○○と申します。~様ご本人でいらっしゃいますか?
はい
申込者
申込者
カードローン業者
カードローン業者
かしこまりました。この度はアコムでのお借入れ申し込みありがとうございます。これで確認はとれましたので在席確認の審査は完了しました。後ほどメールで契約に関する内容をお伝えいたしますのでしばらくお待ちくださいませ

もし申込者本人が電話に出られなかった場合でも、「今〇〇は席を外しています」といった返事であれば在籍自体が確認できるので問題ありません。

在籍確認自体は長くても1分程度で完了するので、しっかりと電話に繋がるだけでOKです。

書類での在籍確認が認められた場合に必要な書類

電話以外での在籍確認が認められた場合は、アコムの審査担当者から以下のような書類提出を求められます。

  • 顔写真入りの社員証
  • 直近1か月の給与明細書(収入証明書)
  • 社会保険証(健康保険証)
  • 雇用契約書の写し

中でも「社会保険証(健康保険証)」の提出が求められる可能性が高いです。

基本的には日時をずらしての電話連絡をするように判断するケースが多いです。

在籍確認が理由で審査に落ちてしまうケース

基本的に在籍確認まで進めばまず審査に落ちることはありませんが、場合によっては在籍確認が原因で審査に落ちてしまうこともあります。

嘘の申告をした場合

当たり前のことですが、申し込み内容にウソの内容がある場合はアコムの審査に落ちます。例えば退職済の勤務先を申告して、その事実が発覚してしまうケースなどです。

休職中・休暇中の場合

在籍確認では休職中・休暇中であることが分かった場合審査に落ちてしまいます。

「産休・育休休暇」「病気療養による休暇」「求職中」

といったケースはアコムでは「無職」として扱います。ただし夏休みや年末年始の休暇は例外です。個人理由の長期休暇の場合に該当します。

在籍確認において不正をした場合

あまり多くはいませんが、不正行為を働くと当然アコムの審査では落ちます。

  • アリバイ会社を使った場合
  • 知り合いの会社を使った場合

アリバイ会社は無職の人や水商売の人が「健全な会社に勤務しているとみせかける」会社のことです。

源泉徴収票・給与明細書の発行から電話による在籍確認にも対応してくれます。

このような会社を使った場合、審査に通らないだけでなく「詐欺罪」という犯罪として取り締まられるケースもあるので絶対に利用してはいけません。

電話がつながらない

在席確認の前の段階「スコアリング」をクリアできても、最後の在席確認が出来なければ審査に落ちてしまう可能性があります

例えば

  • 申告した職場の電話番号が間違っていた
  • 職場が忙しくて誰も電話にでない
  • 非通知なので職場の人が怪しんで電話にでない

といったケースです。

1回で在席確認が出来なくても時間を変えてかけなおしてくれたり、申込者の携帯電話に連絡してくれるので1度出られなくても問題ありません

しかし何度も在席確認が出来ない場合には審査に落ちてしまう可能性が高いです

職場の人が「いない」と答えた場合

在席確認の電話連絡に自分以外の人、職場の人が出たとき、「今席を外している」を「いません」と存在を否定したような答えの場合、在籍確認が出来ないと判断されてしまう可能性があります。

在籍確認が取れなくても審査に通過するケースもある

アコムでは在籍確認が取れなくても審査に通過する場合もあります。具体的なケースは以下の通り。

  • 申込者の勤務先に電話がつながらない場合
  • 勤務先で在籍の有無が分からない場合
  • 勤務先から「そのような人はいない」と言われた場合

すぐに在籍確認が取れなくても「即審査落ち!」とはなりません。担当者の判断によっては、後で在籍確認が取れることを確約してから審査に通過することもあります。

その場合には「利用限度額は10万円以下の少額融資」に設定されます。在籍確認が取れ次第後日申込者の希望する金額まで引き上げられます。

もし同僚に在籍確認の電話について聞かれたら?

アコムは個人情報に配慮してくれる電話連絡をくれるでアコムの利用がバレてしまうことは少ないですが、可能性はゼロではありません。

例えば、「会話の内容からキャッシング利用を推測された」「電話を取った同僚がキャッシング利用経験者だった」といったケースです。

ここではいくつかのパターンに分けて対処法をご紹介します。

以前名刺交換をした営業さんからの電話だった

営業職の方などであれば名刺交換を頻繁にすることが当たり前です。そのため個人宛に電話がかかってくることも少なくありません。

普段から個人名での電話がかかってくる人なら、

名刺交換した人からの営業だったよ」と説明すればOKです。

クレジットカード会社からの連絡だった

クレジットカードを作る場合でも勤務先に在籍確認の電話をかける場合があります。

そのため、勤務先の人から電話の内容を聞かれても「クレジットカード会社からの電話だった」と伝えればOKです。

またアコムは「アコムACマスターカード」というカードローン機能付きのクレジットカードを発行しているので、もし同僚が通知された電話番号に折り返し電話をかけても「クレジットカードを作ったのかキャッシング利用なのかはわからない」ので安心してください。

勤務先の電話番号がわからないケースと対処法

在籍確認をする場合には勤務先の電話番号が必要となります。

しかし申込者の勤務形態によってはどの番号を申請すればいいのかわからないといったケースもあります。

ここでは正社員以外の場合をそれぞれ解説していきます。

派遣社員

派遣社員の方は案件によって勤務先が変わることが多いです。特に日替わり・週替わりで勤務先が変わる人は「派遣会社の電話番号」を申告しましょう

派遣先の電話番号を記入してしまう人もいますが、アコムの公式サイトでは「派遣社員のお客様は派遣元の会社をご記入ください」と記載されています。

そして派遣社員の方は派遣会社に在籍確認の電話がくることをあらかじめ伝えておくと良いです。

在籍確認ではアコム審査担当者の個人名で電話をかけるので、派遣元の会社も個人情報保護の観点から在籍を教えてくれない可能性が高いからです。

パート・アルバイト

学生さんや主婦の方でパートやアルバイトをしている場合は、本社ではなく「実際に勤務している店舗先の電話番号」を申請しましょう。

本社が大きい会社の場合、各店舗に所属しているアルバイト先の従業員の名前までは把握していないことが多いからです。

自営業・個人事業主

自営業・個人事業主の方は申し込み時に、自宅の電話番号を申請すると良いです。

そしてアコムの審査担当者からの電話で自営業・個人事業主であることを伝えます。

ただし、自宅に「固定電話」がない場合は審査を通過できないこともあります。原則は「在籍確認には固定電話が必須」となっています。

複数の電話番号がある場合

申込者の勤務先に複数の電話番号がある場合は「代表番号」で申告しましょう。

例えば営業部に所属されているけど、「基本的に営業部には従業員が居ない」というケースがあります。

こちらも申し込みが済み次第、アコムの担当者に伝え、他の従業員にも「電話があるかもしれない」と伝えておくとスムーズです。

基本的には「つながりやすい電話番号を申告する」用にしましょう。

まとめ

アコムの在籍確認について解説してきました。

アコムは基本的に電話による在籍確認を行っています。ただし、後で在籍確認が取れることを確約して融資を行ったり、条件次第では書類提出による在籍確認が行えることもあります。

いずれの事情であっても、書類か電話かはアコムの審査担当者の判断によります。

アコムの在籍確認は1分もかからないで終わるケースが多く、またアコムの社名も出さないので基本的には在籍確認が原因でアコムの利用がバレる心配はありません。

在籍確認をクリアすることがスムーズに審査を完了させるポイントになるので、ぜひ在籍確認については事前にチェックしておきましょう!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
▼▼当サイト1番人気はプロミス▼▼
今すぐお金を借りたい方はこちら▶▶▶
プロミス公式サイト
当サイト1番人気はプロミス♪
今すぐお金を借りたい方はこちら▶▶▶
プロミス公式HP