プロミスアプリローンの審査流れを完全網羅【即日融資・郵送物なし!】

「プロミスのアプリローンは普通のカードローン利用とどう違う?」

「どんなメリットがある?」

といった疑問を感じている人もいるのではないでしょうか。

プロミスのアプリを使ったローンは、フリーのキャッシングとは異なり色々なメリットがあります。

ここではプロミスのアプリローンについて詳しく解説していくのでぜひご参考に!

プロミスのアプリローンってなに?

プロミスは店舗・自動契約機・電話など様々な申し込み方法がありますが、プロミスが提供するアプリを使っての利用も可能です。

Web申し込みとはどう違う?

プロミスでの借入申し込みは、Web上でも可能ですが融資方法が「振り込み融資のみ」というデメリットがあります。

アプリ利用であれば振り込み融資以外の方法も選べるので、利便性が高いことは分かります

申し込み~借入まで全てスマホだけでOK

プロミスアプリを利用しての融資は、申し込みから契約・借入まで全てスマホだけで完了できるのが最大のメリットです。

自宅でも職場・出先でもどこでも利用できるというのが嬉しいですよね。

カードレス決済も可能

プロミスのアプリローンを使うと、契約の時に使った自分のスマホがローンカード扱いとなります

このスマホを利用してコンビニATMで借入・返済が可能になります。

Web完結では振り込み融資のみでしか利用できませんが、アプリ利用ならコンビニATMでも借入OKというのがいいですよね。

そしてコンビニATMを使えるということは24時間・365日借入利用OKという意味にもなります。

アプリローンの方が即日融資が受けやすい

Web完結で即日融資を希望する場合は、銀行口座に振り込みという形での融資が一般的です。

しかし、契約をした時間がプロミスの営業時間後の場合は、即時振り込みに対応している銀行口座でないと当日中の融資が受けられないケースもあります

即日融資をする場合には、Web完結ではなくローンカードを発行するしか方法がありません。

ですがプロミスのアプリローンの利用であれば、スマホがローンカード代わりとなるのでコンビニATMでいつでも融資が受けられるという仕組みです。

そのためアプリローンの利用の方が素早く融資が受けられるということになります。

アプリローンなら利用が他人にバレにくい!

プロミスなどのキャッシングを利用する場合、ローンカードを発行することも多いですが、その場合ローンカードを家族や職場の人など、誰かに見られてしまうというリスクがあります。

しかしアプリローンでの利用であればスマホだけで完結するので誰かに見られるという心配がありません

ローンカードや利用明細書などの郵便物も発生しないので家族がいる人でも安心です。

さらに、カードは紛失してしまうという可能性もあるのでスマホだけで完結できるアプリ利用が何かと安心・安全といえます。

プロミスのアプリローンを利用する条件

プロミスのアプリローンは非常に便利ですが、利用するにあたって条件がいくつかあります。

ここでは項目ごとに条件をそれぞれ解説していきます。

プロミスローンアプリに対応しているスマホ

スマホのみでキャッシング可能ですが、スマホなら何でも良い訳ではありません。

android端末かiPhoneであれば問題ないですが、OSの種類によってはアプリがインストールできない可能性があります。

プロミスのアプリローンが利用できる端末は以下の表をご参照ください。

AndroidOS 4.2.2、5.0、6.0、7.0
Android端末 ARROWS NX F-01F/Android 4.4.2、GALAXY S5 SC-04F/Android 5.0、Xperia Z3 SO-02G/Android 6.0、Nexus 6P/Android 7.0
iOS 8.0、9.3、10.2
iOS端末 iPhone6 Plus/iOS8.0、iPhone6s/iOS9.3、iPhone7 Plus/iOS10.2

申し込み条件自体は通常のプロミスカードローンと同じ

アプリを使って借入をする場合でも、これまでのプロミスでの利用と条件自体は一緒です。そのため利用される条件も同じです。

プロミスの利用条件とは

  • 満20歳~69歳の人
  • 安定した収入のある人

主婦・学生でも月々の安定した収入があればアプリローンの申し込みが可能です。

プロミスのアプリローン審査の流れ

プロミスのアプリローンでの審査は申し込みから借入まで全てスマホ上で行えます。

自動契約機へ足を運ぶ必要もないので、いつでも・どこでも手軽に利用できるのがメリットです。

ここではプロミスのアプリローンの審査の流れを説明していきます。

アプリをインストール

まずはスマホにプロミスのアプリをインストールしましょう。

iPhone利用の人は「AppStore」、Andoroid端末を使っている人は「Playストア」をタップして、検索バーで「プロミス」と打って探します。

公式サイトの下部にあるQRコードを使ってのダウンロードも可能です。

アプリ上で申し込みをする

アプリのインストールが済んだら、アプリを開いて申し込みフォームに必要事項を入力して送信しましょう。

免許証や名刺を用意し、スマホのカメラで撮影をすると、「氏名」「生年月日」「住所」といった個人情報が自動的に申し込みフォームに入力されます。

この時に運転免許証も手元に用意しておくと後でラクです。

アプリで必要書類を提出

申し込みフォームの送信が終わったら次は必要書類提出が必要になります。本人確認書類は以下の通りです。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証+住民票など

基本的にはこの上記3つのうちのどれかだけでOKですが、

  • アプリローンでの借入希望額が50万円を超える
  • アプリローンでの借入希望額と他社借り入れの合計が100万円を超える

という場合には、本人確認書類と追加して「収入証明書」の提出も必要になるケースがあります。

収入証明書の提出が必要と言われた場合は、以下のいずれかのうち1点を用意しましょう。

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 税額通知書
  • 課税証明書
  • 給与明細書(直近2ヶ月分+1年分の賞与明細書)

上記の書類を用意したら、トップ画面にある「書類送付」のボタンを押して、スマホのカメラで書類を撮影して送信します。

カメラで撮影した画像をそのまま使えるのでスムーズに手続きができます。

審査結果を待つ

全ての申し込みが完了すると、最短30分程度で審査結果の連絡が来ます。

なおアプリローンの審査申込自体は24時間いつでも受け付けていますが、審査回答時間は9:00~21:00までなのでご注意ください。

審査回答時間外での申し込みは、審査結果の連絡が翌営業日以降となるので即日融資希望の際には余裕を持って申し込みましょう。

審査結果の連絡→契約

審査の結果は申込時に申請している「電話番号」または「メールアドレス」のいずれかに通知されます。

審査に無事通過をしたら契約手続きに移ります。

契約手続き自体もアプリから行えます。

スマホATMで借入する

プロミスのアプリローンを行った場合にはローンカードが発行されません。借入方法は以下の方法です。

  • アプリから振込融資で銀行口座に入金してもらう
  • セブン銀行のスマホATMで現金を引き出す

振り込み方法でスマホATMを選べるのが、スマホアプリを使う最大のメリットといえます。

スマホATMの利用は、セブン銀行ATMで原則24時間・365日いつでも借入・返済ができます

アプリローンの利用なら、プロミスの即時振り込みに対応している銀行口座を持っていない人でも即日取引OKです。

プロミスのアプリローンをスムーズに契約するコツ

プロミスのアプリローンは審査や借入の手間が最低限にカットされているので非常に便利です。

ここではプロミスのアプリローンをもっとスムーズに利用するためのコツを解説していきます。

アプリローンの審査に必要な流れ・書類を事前に調べる

アプリローンに限らず、審査をサクサクと進めていくには審査や借入・契約といった手続き全般の流れや内容などを事前に知っておくことが重要です。

事前準備をしないままアプリローンの申し込みをすると手続きをする上で分からないことが出てしまう可能性がります。

スムーズに融資を受けられないだけでなく、手続きの不備があると審査に落ちてしまうという可能性もあるので要注意です。

アプリローンをスムーズに進める上で事前に調べておく項目は

  • 必要書類はどのようなものを準備しておけばいいか
  • 当日中に審査してもらうには何時ごろまでに申し込みをすべきか

といったことを調べましょう。

借入希望金額は必要最低限

スムーズにアプリローンを利用するなら借入金額も重要です。

せっかく借入をするのだから多めに申請したいという方も言いますが、実は借入希望額は少ないほうがスムーズに進みやすい傾向にあります

なぜなら、借入希望額が大きくなるほどプロミスにとっては「貸し倒れリスクが高まる」と考えるからです。

数万円程度の融資であれば、利用者が仮に返済不可能になってしまってもプロミスが被る被害がわずかで済みます。

しかし融資希望額が50万以上になると、利用者が返済できなくなる確率も高まり、返済不能になった場合のプロミスの損害も大きくなります。

そのため、審査も慎重になり時間もかかるといった仕組みです。

そして借入希望額が50万円を超えると、収入証明書の提出も必要になり、そちらの確認にも時間が必要となります。

アプリローンを使っても在席確認はある?

プロミスのアプリローンに限らず、プロミスを利用する際には必ず「在席確認」は行われます

電話による在席確認が一般的なので、時間帯に不都合がある場合には、審査申し込みをして受付完了メールを受け取った時点でプロミスコールに連絡をして相談しましょう

プロミスコール

  • 0120-24-0365
  • 0120-86-2634(女性専用ダイヤル)

プロミスのアプリローン審査に通らない人の特徴

プロミスのアプリローンは非常に便利なサービスですが、だからといって誰でも審査に通るという訳ではありません。ここではアプリローンの審査に通らない人の特徴を挙げていきます。

信用情報がブラック

個人信用情報機関に「ブラック」となる情報が掲載されている期間内は、プロミスのアプリローンでの審査が通りません。

ブラック情報とは以下の通りです。

  • 61日以上の返済の遅延をしたことがある
  • 保証人や保証会社による代位弁済が行われたことがある
  • 債務整理をしたことがある
  • 強制解約になったことがある

ブラック情報は日本に3社ある個人信用情報機関で共有されていますが、この情報は永久に残る訳ではありません。

目安として自己破産のみ10年情報が保有されるほか、それ以外の情報は概ね最長5年とされています。

もしかして自分も当てはまっているかもしれないと思った場合には、個人信用情報機関に情報開示請求をしましょう。

総量規制に達してしまっている

消費者金融・キャッシング枠など貸金業者を利用している借入総額が年収の3分の1に達している場合にも審査が通りません。

これは貸金業法の「総量規制」という法律によって決められているからです。

他社での借入件数が複数ある

総量規制に抵触していないくても、借入件数が多ければ多いほどプロミスのアプリローン審査に通りにくくなります。

複数から借入ているということは、それだけ返済が難しいと判断するからです。

借入件数を減らすためには、完済した借入先とは解約しましょう。解約をしないと契約をしている状態とみなされ、借入件数が減りません。

収入がない・または不安定

プロミスのアプリローンを利用する条件として、安定した収入があることが挙げられます。

そのため専業主婦や無職の方の場合は審査に通りません

まとめ

プロミスのアプリローンについて詳しく解説していきました。ローンカードも不要で、即日融資もでき、更に審査・契約までスマホだけで完了できるという大変便利なサービスです。

借入金額や条件などは他の方法と同じなので、計画的に利用をすれば大変便利で使い勝手の良いシステムといえます。

プロミスの利用をお考えの際には、ぜひアプリローンの利用もご検討ください!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
▼▼当サイト1番人気はアコム▼▼
今すぐお金を借りたい方はこちら▶▶▶
アコム公式サイト
当サイト1番人気はアコム♪
今すぐお金を借りたい方はこちら▶▶▶
アコム公式HP