プロミスの増額方法や流れ【利用限度額を上げる方法・審査など】

「プロミスで借入をしているけど、更にお金が急遽必要になった!」

「限度額を増額するにはどうしたらいい?」

「増額審査は厳しい?すぐに降りる?」

といった部分が気になる人も多いです。

ここではプロミスでの増額借入の方法や手順・審査を通るためのポイントなども詳しく解説していきます。

プロミスの増額と追加融資の違い

増額」と「追加融資」の違いが分からないという人も多いので詳しく説明します。

  • 増額:利用限度額の枠自体を大きくすること
  • 追加融資:あらかじめ決められた利用枠内で更に資金を借り入れること

です。

追加融資は借入限度額内で追加に借入をするので、再度の審査が必要ありません。さらに追加融資は自分の好きなタイミングで利用もできるという特徴があります

対して増額は、借入限度額の枠を大きくすることなので、再審査を受ける必要があります

以上から増額と追加融資は扱い方が大きく異なるので、この点を踏まえて利用をしましょう。

プロミス増額のメリットとデメリット

「プロミスで借入金を増額したいけど、デメリットがあるのかな?」

と心配になる人もいるでしょう。

ここでは増額のメリットとデメリットと一緒にご紹介していきます。

メリット

まず増額のメリットはシンプルに「より多くのお金を借入できる」という点です。

カードローンやキャッシングは即日融資も可能で、時間がない時でも素早く利用できるので、ついつい限度額まで使ってしまうというケースも少なくありません。

限度額まで利用してしまうと、追加融資が出来なくなってしまいます。

そこで増額申請を申し込むことで、さらに継続してプロミスでの借入が可能になるという事です。

デメリット

増額申請には当然デメリットも存在します。

増額を申し込むと「信用情報照会」という審査が行われます。この審査に落ちてしまうと、増額が出来ないだけでなく信用情報にもその情報・履歴が残ってしまいます。

増額申請に落ちたという情報が残っている状態でカードローンやクレジットカード作成の審査を受けると、

この人は信用情報照会結果を見ると審査に落ちている」と判断されて審査結果に影響が出来ることも。

プロミスの増額申請は「総量規制」というものに影響をします。

総量規制とは、貸金業者のルールにもなっている「貸金業法」で決められている「多重債務対策」です。

総量規制は「対象の貸金業者は、利用者年収の3分の1以上を超える金額を貸付してはならない」と明記されています。

これは「プロミスで増額をした場合は、もし他の貸金業者で借入できる金額はその分だけ少なくなる」という意味です。

さらに銀行で取り扱っているカードローンは総量規制の対象に含まれませんが、プロミスで増額を行った情報を「利用者の滞納リスクが高まった」と判断され、銀行カードローンの利用限度額が下げられてしまうこともあります。

メリット・デメリットどちらの面も見た上で、プロミスの増額申請をしましょう。

プロミスの増額方法と流れ

プロミスで増額申請をする際には一般的に以下の流れで行われます。

  • インターネット上の会員ページから申し込み
  • プロミスコールセンターに電話で申し込み
  • 自動契約機から申し込み

の3つの方法がありますが、いずれの方法でも順番や内容は同じなので、自分にとって利用しやすい方法を選びましょう。

インターネットでの申し込み方法

  1. プロミスの公式サイトから会員ページにログインする
  2. 利用限度額変更申込を選択する
  3. 増額したい金額を申請する
  4. 収入証明書類を提出する
  5. 増額審査が行われる
  6. 増額審査の結果がメールで通知される

電話での申し込み方法

プロミスの無料電話窓口の「プロミスコール」では相談のほかに増額申請も受け付けています。

プロミス|プロミスコール

0120-24-0365

また、女性専用のプロミス「レディースコール」は以下の電話番号です。電話オペレーターは全員女性で「男性との電話は苦手」という人でも安心です。

プロミス|レディースコール

0120-86-2634

なお電話サービスは営業時間内である毎朝9時から22時までなのでご注意ください。カードの紛失・盗難については24時間対応となっています

無人契約機・店舗での申し込み方法

全国にあるプロミスの無人契約機や店舗に行って増額申請をすることも可能です。無人契約機の設置台数は全国で1000台を超えるので非常に利便性が高いです。

増額審査に必要な書類

増額申請の際に以下の条件のいずれかに該当する人は

「収入証明書」等の提出が求められます。

  • 利用限度額が50万円を超える場合
  • 希望の利用限度額に加えて、他社カードローン等での借入残高の合計が100万円を超える場合

収入証明書とは以下のものが対象です。

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月分) + 1年分の賞与明細書(あれば提出)

増額申請の手続き後に準備すればOKです。

増額審査結果が出るまでの期間

増額の審査結果が出るまで、最短であれば申し込みをしてから即日で審査の結果連絡がきます

ただし審査は平日9時~18時までしか行っていないので、18時以降の申請の場合には翌日まで持ち越されてしまうことがあります

更に審査状況によっては勤務先への在籍確認が必要なケースもあるので、一概に即日融資が可能となるわけではありません。

増額の案内連絡が来た人の審査とは

プロミスの利用者の中に、プロミスの方から増額案内が来るケースも存在します。

その場合でも増額審査自体は実施されます

プロミスは定期的に限度額の見直しを行っています。その時に「この利用者の限度額は妥当か」と言ったことをチェックしています。

増額の案内は返済実績の評価が高かった利用者に対してのみ行っています。そのため、利用者から増額の申請をするとは異なり、増額審査自体は通っているも同然と考えられます。

土日でも増額できる?

先ほど解説した通り、増額審査は平日に行われているので土日・祝日での増額申請の場合は少し異なります。

電話とインターネットの場合には土日・祝日の増額審査を行っていません

そのため土日・祝日でも即日で増額をしたい場合には「無人契約機」を利用しましょう。

なお、自動契約機は9時~22時まで利用可能ですが、22時近くになると審査結果が出るのが翌日に持ち越しになる可能性があります。

増額申請は平日であってもできるだけ余裕をもってすることをおすすめします。

審査が通りやすくなるポイント

プロミスの増額申請に通りやすくなるかどうかは実は公表されていません。しかし貸し付けに関する法律やプロミスのコールセンターで問い合わせた結果などから以下のような条件だといわれています。

  • 契約時よりも年収が上がっていること
  • プロミスへの返済実績があること
  • 借入総額が年収の3分の1未満であること
  • 他社で借金の返済に遅れていないこと

初回の借入時よりも年収ががっていることや、過去のプロミスの返済実績などがしっかりあると、比較的増額申請に通過しやすいといえます。

増額申請をする際にはまず以上の条件を見て判断してみてください。

契約時よりも年収が上がっている

初回の契約時よりも年収が上がる=返済能力が向上した

と判断されるので、増額申請が通る可能性があります。

プロミスは「貸し倒れ」が起きないように利用者の返済能力によって限度額を決めます。

よって年収は返済能力に直結すると判断されるので同額申請が通りやすいです。

プロミスへの返済実績がある

プロミスを複数回以上利用している人の場合ですが、プロミスでの返済実績がある人は、踏み倒す可能性が低いとみなし、増額申請に通りやすいです。

借金を完済した経験・一度も返済を滞納したことがない人

は返済実績が評価されます。返済実績の内容ですが、1度も滞納せずに半年間以上プロミスを利用している人なら実績があると見られる傾向があります。

借入総額が年収の3分の1未満

借入総額も増額申請の審査で判断される重要な部分です。

プロミスは総量規制を遵守しているので、借入総額が年収の3分の1以上になっている人の増額申請を通しません。

例えば、年収が300万円の人が100万円借入をしている場合、総量規制に触れているので総額申請は通りません。

他社での借入を滞納していないか

プロミスでは、他社での借入情報も見ています。他社での返済を滞納した人も信用情報にりれきが残っているで、増額申請に落ちてしまう可能性があります。

信用情報は「個人信用情報機関」に保存されていて、金融機関はその情報を調べることが出来ます。

他社でカードローンを使用したことがある人は、過去に滞納がないかを確認してから増額新申請をしましょう

プロミスの初回借入の限度額

プロミスの最大限度額は500万円となっています。

しかし、プロミスで初めて借入をする人の場合の限度額は500万円ではありません。

一般的に、初回利用限度額は30万円~50万円といわれています。プロミスだけでなく他の消費者金融業者は多くの場合で初回の利用限度額を数十万円と低めに設定しています。

それは、新規利用者の場合「この人は期日までに返済をしてくれる人かどうか」を見極めるためです。

初回の限度額は少なめに設定をしてその人の返済状況を見て徐々に増額するといった流れが一般的です。

限度額は審査で決められる

利用限度額というものは全ての人が同じではありません。

限度額はプロミスの審査によって返済能力を見て、その返済能力に応じて額が決められます。ただし、プロミスは返済能力の判断基準を公開していないので明確なことは分かりません。

しかし、プロミスなどの消費者金融は独自の「スコアリングシステム」を採用して利用者の返済能力を見ています。

スコアリングシステムとは「信用情報」「利用者自身の情報」などから返済能力を採点する方法になります。

その中でも特に重要視されているのが以下のポイントです。

  • 収入
  • 職業
  • 勤続年数
  • 他社の借入金額・件数
  • 過去の返済歴
  • 事故情報の有無

以上の項目が点数化され、その合計点数で限度額を決定しています。

もし増額審査に落ちたら?

もし増額審査に落ちてしまった場合は残念ながら信用情報として増額申請と審査に落ちたことが残ってしまいます。

ただし、プロミスの増額申請で落ちてしまっても他社からもキャッシングが出来なくなったという訳ではありません。もしどうしても急にお金が必要になった場合には他社を利用することもできます。

なお、信用情報の履歴はおよそ半年間残るので時間に余裕があれば、半年後に再度申請をする・他社利用を候補に入れるのも良いです。

プロミスの増額申請の際に避けるべきポイント

今までのポイントを踏まえて、プロミスの増額申請で落ちないために出来るポイントを項目ごとに紹介していきます。

プロミスで滞納を何回もしてしまう

消費者金融は滞納に対してとてもシビアに評価しています。1年に1回程度の滞納であれば、ちょっとしたミスということで見逃してくれることも多いですが、複数回以上になるとすぐに評価は落ちてしまいます。

増額申請だけでなく継続しての利用も断られる可能性もあるので注意しましょう。

増額申請の直前に他社のカードローンを利用する

増額申請の審査では他社のキャッシング利用も見ています。

他社のカードローンにも申し込んだということは、利用者の経営状況がひっ迫していると判断されることも多いです。

プロミスの増額申請をする前に他社の利用は避けた方が良いです。

増額審査に落ちてすぐにまた申請をする

プロミスの増額審査に落ちたという情報は、「個人信用情報機関」に保存されることを先ほどご紹介しました。

審査に落ちて再度申請をしてもまず審査に通ることはないでしょう。

またこの情報は半年間程度残るので、再度申請をする場合には最低でも半年以上は経ってからにしましょう。

他社で返済を滞納している

プロミスでは他社での借入履歴も見ています。

特に長期滞納だけは絶対に避けましょう。信用情報機関にその履歴が残ります。

他社のカードローンを利用しているというだけでも、増額申請は通りにくいのにさらに延滞もしているとあれば、かなりの確率で増額申請は通りません。

総量規制に抵触している

プロミスを含む消費者金融業者は、貸金業法のルールに従わなければなりません。

総量規制」では年収の3分の1を超える貸出は禁止されているため、プロミスで総量規制を超えている場合、増額申請は通りません。

他社でも借入がある場合には、プロミスでの借入と総額で3分の1に行かないようにしましょう。

もしそれ以上借り入れている場合には、借入残高を減らしてから増額申請をすると良いです。

まとめ

プロミスの増額申請の方法やメリット・デメリットなどを解説してきました。

増額申請は追加融資と異なり、利用限度額の枠自体を大きくするのでさらに大きなお金が必要になった際に助かります。

しかし、増額申請が通るには年収増加や返済実績など色々な条件をクリアしなければなりません。審査に落ちると信用情報として残ってしまうので、新たな借入がなかなかできなくなるといったリスクも生じます。

増額申請は、軽い気持ちで行うのではなくまずは条件に当てはまっているかを事前に確認した上で慎重に行いましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
▼▼当サイト1番人気はアコム▼▼
今すぐお金を借りたい方はこちら▶▶▶
アコム公式サイト
当サイト1番人気はアコム♪
今すぐお金を借りたい方はこちら▶▶▶
アコム公式HP