プロミス審査に落ちた原因は?【落ちた時の対処法まとめ】

プロミスは即日融資可能なことで知られる便利なカードローンですが、必ず審査を必要とします。

「プロミスの審査に落ちてしまった」

「審査の基準は甘い?厳しい?」

「これからプロミスを利用しようと思ってるけど審査に落ちないか心配」

という疑問やお悩みの方に、プロミスの審査の仕組みや落ちた時の対策についても解説していきます。

プロミスを利用しようとお考えの方必見です!

プロミスの審査に落ちてしまった原因とは?

プロミスは審査基準を公開していませんが、利用者の口コミなどから審査に落ちてしまった原因が推測できます。

ここでは項目別に審査に落ちた原因を見ていきましょう。

個人信用情報に傷がある

プロミスだけでなくカードローン審査では「個人信用情報」を見ます。過去にお金のトラブルが起きていると、個人信用情報にその内容が記載されます。

信用情報とは、個人のお金などに関する履歴のことで、クレジットカードや住宅ローンをはじめとする金融関係の情報です。

個人信用情報は「JICC(日本情報信用機構)」「CIC(シー・アイ・シー)」「全国銀行協会(全国銀行個人信用情報センター)」の3つの組織で保存されており、金融機関はそれぞれの組織に所属しており、個人情報を共有しています。

プロミスは「JICC(日本信用情報機構)」と「CIC(シー・アイ・シー)」という個人信用情報機関の2社に加盟しています。

この情報は永遠に残る訳ではなく、情報の種類によって掲載される期間が設けられています。

情報が記載されている期間にカードローンの審査を申し込むと高い確率で審査に落ちてしまいます。なお以下は個人信用情報に傷がついてしまう金融事故の種類です。

  • 債務整理
  • 代位弁済
  • 強制解約
  • 長期延滞
  • 短期の延滞を複数回繰り返す

債務整理は、自己破産や個人再生・任意整理などで借金の減額や返済条件を緩和する方法です。

代位弁済は、保証会社が利用者に代わって返済をしてくれます。利用者本人の債務が無くなったわけではなく、今度は保証会社への返済義務が発生します

プロミスの強制解約は、返済能力がないとみなされた場合に行われます。

長期延滞・短期の延滞を繰り返すといったケースも、個人信用情報に記載されてしまいます。2ヶ月以上の長期延滞、また短期であっても複数回の延滞でブラックリスト入りしてしまいます。

1・2回の短期的な延滞であればブラックリスト入りする可能性は低いですが、一概には言えないので毎月確実に返済出来るようにしましょう。

多重債務者である

複数の金融機関からすでに返済をし、その返済が滞っている状態と判断されると、高い確率で審査に落ちてしまいます。

審査を通過するためには、現在借りている他社での借入件数を出来る限り少なくすることが重要です。

希望融資限度額が高すぎた

カードローンを含め、ローンを組む場合には借入出来る金額が個人の収入によって決められています。

プロミスでは収入に応じた融資限度額を公表していませんが、「総量規制」と呼ばれる法律における基準が目安となります。

総量規制とは「消費者金融から借りられる金額は利用者の年収の3分の1までにすること」という決まりで、消費者金融は全てこのルールに従っています。

例として、利用者の年収が300万円の場合は借入限度額は100万円以下までしか借りられません。そして他社ですでに50万円借りていると、プロミスでは50万までしか借入ができないので要注意です。

そのため利用者の年収の3分の1を超える金額を希望した場合、審査に落ちてしまうということにもつながります。

短期間に複数のカードローン申し込みをした

プロミスだけでなく、他の消費者金融業者に同時に申し込みをいていると業者からは「貸し倒れのリスクがある」「お金にかなり余裕がない」とみなされてしまい、審査に落ちてしまうこともあります。これを「申し込みブラック」と言います。

在籍確認が出来なかった

プロミスだけでなくすべての消費者金融では、「在籍確認」を行っています。申込者が申告した勤務地に本当に在籍しているかをプロミス側から電話連絡をして確認をします。

勤務先が休み・電話で在籍が確認できない場合、申込者が在籍していると証明できないので審査に落ちてしまいます。

個人情報でウソを伝えた

プロミスを利用する場合には、様々な個人情報を申告・提示する必要があります。その中で少しでもウソの申告をしていると審査に落ちてしまいます。

プロミスは、申込者の申告内容に不備がないかを必ずすべて確認します。不利になるかもしれない情報でも正直に伝えないといけません。

審査担当者への態度が良くなかった

プロミスでは電話や店頭でのやり取りをすることがあります。特に電話でよく起きるのですが、申込者は「お客様」という認識から横柄な態度になる人も居るようです。また挙動不審な人も信用できない人物とみなされて審査に落ちてしまうことも。

審査に関わらず社会人のマナーとして誠実な対応をすることは言うまでもありませんね

プロミスには1次審査・2次審査がある

プロミスでは2段階の審査を設けています。ここでは各審査ごとの特徴や準備しておくポイントを紹介していきます。

1次審査

プロミスの1次審査は「自動診断」で行われます。自動診断では、年収・勤続年数・年齢などといった申し込み内容と、個人情報機関で保管されている金融データを自動的にスコアリングして、融資基準に達しているかを判断します。

この時点でも個人情報の確認が調べられるのでウソの申告をしてもすぐにバレてしまいます。

2次審査

2次審査はプロミスの審査担当者が直接行う確認作業のことです。この段階では本人確認書類と申告内容に間違いがないかを確認します。

つまり1次審査で申告した内容に不備やウソがあれば2次審査で落ちてしまいます。1次審査で正直に申告をして1次審査に通過すれば2次審査で落ちてしまうということはほぼありません。

プロミスを利用する前に、自分が審査に通過するか不安な方は下記公式サイトで簡単診断をしてみましょう。

初めての利用の場合は「生年月日」「年収」「現在の借入額」を入力すると、「審査に通過できる目安」がすぐに分かります。

プロミスの審査に通過するポイント

プロミスの審査では様々な個人情報について調べ、独自の基準でスコアリング(数値化)しています。ここでは審査に通過するために必要なポイントを項目ごとに見ていきます。

申し込み条件を満たしているか

プロミスでの申し込み条件は、満20歳~69歳で申し込み本人に安定した収入があることが大前提です。

この2つをクリアしていないと、まず審査を通過することはできません。

「安定した収入」とは額の多さではなく毎月決まった間隔での収入を得ているかということです。そのため正社員だけでなく、アルバイトやパート・派遣社員でも借入は可能です。

2~3ヶ月以上給料をもらってから申し込む

プロミスの貸付条件には「安定した収入」とありますが、どれくらいが目安なのかは明記されていません。

そのため、多くのユーザーの口コミなどを参考にすると

最低でも2~3ヶ月以上の給料をもらっている状況」で審査申し込みをすることがです。

勤続年数は、返済を安定して続けていけるかの判断にも使われるため、勤続年数が長ければ長いほど審査では有利に働きます。

一般的に銀行での融資は半年以上の収入があることを「安定した収入がある人」とみなしていますが、消費者金融はそれよりも少しハードルが低い「2~3ヶ月」であると予想されます。

属性情報

属性情報とは、申込者の個人情報全般のことを指します。各属性ごとにプロミスでは数値化をして、返済能力の高さを測ります。

お客様情報

  • 氏名
  • 生年月日
  • 電話番号
  • 家族構成 など

一般的に既婚者より独身、子供なしの方が自由にお金が使える金額が高いので返済能力があるとみなされますが、独身の人は既婚者と比較して社会的責任が軽く、貸し倒れのリスクもあるとみるので、一概には言えません。

住宅情報

  • 郵便番号
  • 自宅住所
  • 住まいの種類 など

住宅に関する情報は、持家本人名義ローン中・持家本人名義・持家家族名義・賃貸住宅(借家など含む)・社宅、寮、官舎・公営住宅のなかから選びます。

賃貸よりも持ち家の方が社会的に責任が重く、また借り逃げのリスクも少ないと判断されることが多いです。

またローン返済中の人も自由になるお金が少ないのでローンなし賃貸の人よりも返済能力が低いと判断されることもあります。

勤務先情報

  • 年収
  • 勤務先の情報
  • 業種
  • 職種
  • 入社年月
  • 最終学歴 など

勤務先情報は年収に大きく関わる部分なので重視される個人情報の1つです。総量規制によって借入上限が決まっていますが、毎月安定して返済できるかを判断するために必要です。

勤務先情報で一番評価が高いのが「公務員」と「大企業のサラリーマン」です。

年収が問題なくある人でも、毎月の収入の増減が激しい人や成果報酬に近い給与体系の人だと返済能力が低いと判断されることもあるようです。

そして勤続年数は、「仕事をすぐに辞めず安定した収入を貰っている人かどうか」の判断にも使われます。

借入状況

  • 現在の他社の借入状況
  • 今回の借入希望額
  • 希望の契約額 など

プロミス以外にもすでに借入をしている場合、新たに借入申し込みをしても「返済が難しい」と判断されて審査に落ちてしまう可能性があります。

しかし、他社からの借入が一切ない人よりも、他社で利用してしっかりと返済をしているという情報がある方が「返済能力が高い」と判断されることもあるようです。

他社も含めて借入増額が総量規制以上に達していないか

プロミスで申し込みをする前に、他社で借入がある人は現在の借入金額がどれくらいかを確認しましょう。

年収の3分の1を超えた借入は出来ない決まりになっているので、プロミスも利用したい場合には現在の借入を少しでも返済することが大切です。

個人信用情報に問題がないか

先ほど審査に落ちてしまう原因でも解説しましたが、プロミスを含む金融機関では個人信用情報も審査の際に見ています。

自分がブラックリスト入りしていないかどうか確認しておくと良いです。

JICC、CIC、全銀協いずれの機関でも個人で情報開示の請求が可能です。

スマホ・郵送・窓口のいずれかで可能なので、借入前に心配な方は事前にチェックしましょう。

プロミスの審査に落ちた時の対策

プロミスの審査に落ちてしまった!という時の対策法をご紹介します。

他社のカードローンも申し込みをする

プロミスの審査で落ちてしまった場合には別のカードローン会社の審査を受けるのも手です。

例えば「アコム」や「アイフル」であれば審査基準がプロミスとは異なるので、審査に通る可能性もあります。

ですが保証会社会社がプロミスになっている銀行カードローンは審査基準が同じであることが多いので、そちらで申告をしても通過できる可能性は低いので避けましょう。

審査落ち情報が消えるまで待つ

審査に落ちた後、すぐに他のカードローン会社に申し込みをしたいとなるかもしれませんが、出来れば避けた方が良いです。

理由は、プロミスの審査に落ちたことも信用情報として記載されるので「お金に切羽詰まっている」「延滞する可能性が高い」とみなされてしまうからです。

審査に落ちた情報は半年程度個人信用情報に履歴が残るので半年程度は新たに申し込みをしない方が良いです

毎月の支出を見直す・借入を再検討しよう

生活費の赤字が続いている場合は、もし借入ができても返済が出来ない可能性が高いです。

毎月の家計がどれくらいになっているのかといった家計を見直すことで返済のめどが立てられるようにしましょう。

プロミスの審査に落ちたら連絡はくる?こない?

プロミスは申し込みから審査結果まで最短で1時間程度で利用できますが、必ずしもこの時間以内に取引が終わる訳ではありません。

特に審査は30分程度と公表されていますが、以下の場合には審査結果が出るまでに時間がかかることもあります。

  • 申し込み件数が多く、審査に時間がかかる
  • 審査結果が機械判断では難しく、担当者が行っているため

上記の理由であっても3営業日以内には審査結果の通知が来ます。もしそれ以上待っても連絡がない場合には、こちらからプロミスに連絡をしてみましょう。

プロミスコール

まとめ

プロミスの審査に落ちた時の原因や対策法を解説していきました。

プロミスでは返済能力を見るために様々な個人情報を調べます。正直に申告することはもちろんのこと、事前にチェックをしておくと自分の借入上限金額などもある程度目安が付けられます。

一度審査に落ちてしまうと再度申し込みをするまでには半年程度空けないと落ちやすくなってしまうので、ぜひ事前のチェックは必須です。

プロミスは即日融資も可能なカードローンなので、計画的に準備をすればスムーズに利用できる金融機関です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
▼▼当サイト1番人気はアコム▼▼
今すぐお金を借りたい方はこちら▶▶▶
アコム公式サイト
当サイト1番人気はアコム♪
今すぐお金を借りたい方はこちら▶▶▶
アコム公式HP