プロミスの解約方法!【電話一本で簡単に解約できる】

「プロミスで完済したから解約をしたい」

「もう完済したけど解約してなかった」

という人は意外と多いです。

実はプロミスを含め、消費者金融の利用では完済したからといって契約自体が終わった訳ではありません。

ここではプロミスの解約方法について詳しく解説していきます。

そもそも「完済」と「解約」の違いは?

プロミスで借入をした時、返済をします。

返済をすべて終わったことを「完済」といいます

そしてプロミスでの契約を解消することを「解約」というので、

完済をしただけではプロミスとの契約自体はそのまま続いていることになります。

他社でカードローンを利用しようとする場合、完済をしていてもプロミスとの契約がそのままであった場合は「他社でも借入をしている」とみなされてしまい、審査に影響がでます。

将来大きなローンを組む場合、契約したままでは不利になることも

プロミスなどの消費者金融での借入がある状態で、住宅ローンなどの大きなローンを組もうとする場合、金融機関の審査が通りにくいというケースもあります。

もちろんカードローンの利用=審査に落ちるという訳ではありませんが、銀行は融資の際に

カードローンの契約をしている=計画的にお金を利用できない人

とみなすこともあるようです。

そのため、大きなローンの借入をする場合には解約をしておくと良いでしょう

プロミスの解約方法・手順

ここではプロミスでの解約方法・手順について詳しく解説していきます。

まずは借入残高を1000円未満にまで減らす

借入残高がある場合、プロミスの解約はできません。まずは借入残高段坂を最低1000円未満に減らしましょう

実はプロミスは借入残高が1000円未満になると解約手続きが出来ます。

解約を検討している場合はインターネット返済がおすすめです。インターネット返済であれば、24時間いつでも一括返済ができるだけでなく、1000円未満の支払いにも対応しています。

コンビニATMでは1000円未満の端数を返済できないので要注意です。

自動契約機

プロミスの自動契約機での解約もスムーズに完了します。手続きが完了したらその場で解約証明書が発行されます

自動契約機ではタッチパネルを操作して、その場でオペレーターに電話をします。そして解約の向けを伝え、本人確認書類の提示とローンカードの記載されている会員番号を申告します。

その後無事本人確認が済んだら解約手続きが完了です。終わると解約証明書が発行されるので終了です。

本人確認書類は、運転免許証や各種健康保険証などが該当します。

なお全国にある自動契約機は公式サイトから検索可能です。

電話

電話でプロミスを解約する場合には、コールセンターに電話をしましょう。

プロミスコール

  • 0120-24-0365
  • 0120-86-2634(女性専用ダイヤル)

電話受付時間は平日の9:00~18:00の間なのでご注意ください。

スタッフに解約したい旨を伝えると「登録されている住所に解約申込書を送付します」と伝えられるので、後日届く解約申込書に必要事項を記載して、ハサミで裁断したローンカードを同封して返送します

プロミス側が書類を受け取り次第、「解約証明書」が後日送られてきます。

もし解約証明書を送付されたくないという場合には、店頭窓口で受け取る方法もあります。

窓口

店頭窓口での解約であれば、その場で完了するので便利です。店頭窓口での解約の場合は、免許証・パスポートといった身分証明書を用意した上で、「お客様サービスプラザ」に行きましょう。

お客様サービスプラザの営業時間は平日9:00~18:00です。

そこでスタッフに解約したい旨を伝え、その場で解約申込書にサインをして、本人確認書類・ローンカードを窓口で提出します。

解約が済むと、「解約証明書」をその場で受け取れます。

解約証明書を自宅に送付されたくないという場合には、窓口での解約がおすすめです。

解約自体は10分程度で完了

プロミスの解約手続き自体にかかる時間は10分程度とすぐです。

質問内容は「名前・生年月日・住所」といった本人情報や「年会費は無料だがそれでも解約したいか」といったことです。

書類なしでの解約方法

プロミスでは希望をすれば書類なしでの解約も可能となっています。

ローンをしていることを隠していたのに、完済の段階でバレてしまうことは避けたい

といった心配の声は意外と多いものです。

契約書類はプロミス側で破棄してもらえる

プロミスを解約する際には、解約時に契約書類を受け取るかどうかを選択できます。

この時に「契約書類は必要なし」と伝えれば、プロミスの方で契約書類などを処分してもらえます。

なお、「Web完結」での申し込みの際はそもそも紙による契約書類が存在しないので、解約しても書類が返送されることはありません。

「解約証明書」の送付もできる

契約書類は破棄してもらうけど、解約証明書は送ってもらうといったことも可能です。

電話申し込みの際にオペレーターに、契約書類の破棄と解約証明書の送付を希望するだけでOKです。

契約書類・解約証明書が欲しいけど郵送は困るという場合

契約書類・解約証明書どちらも欲しいけど郵送はこまるという人には、有人店舗窓口での解約がおすすめです。

その場で解約できるだけでなく、必要書類もその場で発行してもらえます。

手続き完了後の「解約証明書」は必ず保管!

プロミスを解約したときに発行される「解約証明書」ですが、この書類は「借金がありません」という証明になる重要なものです完済した事実を証明するものなので、必ず保管しておきましょう

まれにですが、住宅ローンの審査の段階でこの解約証明書の提出を求められることもあります

特にプロミスを完済した直後での住宅ローン申し込みで提出を求められる可能性が上がります

プロミスを解約するメリット

プロミスを解約するメリットは「返済に関する不安から解放される」といった面が一番大きいでしょう。

毎月の返済を考えるという必要もなくなるので精神衛生にとって良いといえます。

また「他のローン申請をする際、審査が通りやすくなる」というのも挙げられます。住宅ローン・自動車ローン、そしてクレジットカードの審査の際に、キャッシングを利用していないことで良い影響が生じることも考えられます。

ただ、プロミスの解約直後は信用情報の記録に反映されていないかもしれないので、他のローン審査を受けたい場合には、解約をして半年程度経過した後の方が確実です。

プロミスを解約するデメリット

プロミスを解約することでのデメリットは、「借入先がなくなる不安」です。銀行での融資よりもプロミスといった消費者金融での借入の方がハードルは低いですが、再審査の際に絶対通過できるという保証はありません。

もしもの時にお金でピンチになったときも、すぐに借入できるところが無くなるのが解約における最大のデメリットといえます。

プロミスを解約した後に再契約は可能?

プロミスを解約した後、もう一度利用したいという場合でももちろん再契約は可能です。

しかし、前回利用時に滞納の履歴などがある場合は、再審査が受けられない可能性が高いです。

そして再契約であっても、前回と同じように勤務先への「在席確認」は必ず行われます。

1度審査に通過したからといって、再度通るというわけではないので、解約をする場合にはその後の資金プランについて良く考えましょう

プロミスでの再審査を通りやすくするポイント

信用情報

プロミスを含む消費者金融業者は審査の上で、信用情報を重視しています

それは解約をして再度契約を申請した場合でも同様です。プロミスとの取引履歴のほかに、解約後から再審査までの間の信用情報も詳しくチェックしていきます

属性

プロミスを再契約する上では再度審査が必要になります。その場合、「属性」も見ます。

属性とは「年齢」「職業」「年収」「金属年数」「居住年数」「家族形態」といったものです。

初回の契約時では属性評価は再審査の際に利用されません。属性はあくまで「現時点での属性」のみなので、年収が上がった・勤続年数が伸びたという場合は、プラスに評価されることが考えられます。

他社借入をしない

プロミスの再審査では、他社での借入がないかもチェックします。一般的には5件以上の借入がある場合は、金融機関から「多重債務者」とみなされる傾向にあります

プロミスの再審査を通過する場合には、他社での借入を1つでも減らすことが重要です。

特にアルバイトやパートといった雇用形態が不安定な人の場合は2件以内にしておかないとなかなか審査に通りにくい傾向にあります。

再契約時は「無利息サービス」が利用できない

プロミスで再契約する場合の一番の注意点ですが、「無利息サービス」を利用できない点です。

無利息サービスはあくまで「初回利用者」のみの特典なので、1度でもその特典を受けたことがある人は対象外です。

無利息サービスは、初回借入日の翌日から30日間無利息ですが、再契約の場合は借入日翌日から利息が発生します。

解約についてのQ&A

プロミスの公式サイトでは解約に関する詳しい情報はあまり多くありません。

そのためここではプロミスの解約に関してQ&Aで詳しく説明します。

土日・祝日でも解約手続きは可能?

土日・祝日での解約は不可能です。
プロミスでの解約を取り扱う部署の営業時間が平日9:00~18:00までだからです。
なお解約手続きは店頭窓口でも可能ですが、こちらも平日のみ対応となっています。
窓口・電話いずれでも平日のみしか受け付けていないので、平日の営業時間内での手続きが手軽です。

 

プロミスの解約後にすぐに再契約は可能?

再契約自体は可能です。再申し込みまでの期間の規制もないので、解約後であればすぐに再契約での問題ありません。ただし、再契約は「新規申し込み」と同じ扱いなので、再度審査を通過しなければなりません。
また、前回の利用時に滞納をしている・返済忘れの頻度が多いといった利用をしていた場合は、再契約自体が出来ない場合があります。

 

無利息残高の端数はどのように払えばいい?

無利息期間中に完済をして、1000円未満の残高がある場合には店頭窓口か銀行振り込みでの返金をします。
コンビニのメディア端末を使っての完済の場合は、1円単位でも返済可能なので端数が出ません。

 

解約すると信用情報はなくなる?

信用情報はある一定の期間保存されるので、解約をしたからといって削除されることはありません。
ただし、完済をして解約をするという履歴も信用情報にはのコツので、他のローンを組みたい場合、契約をしたままの状態よりは審査に通りやすくなる可能性があります。

本当に解約できたか確認できる?

解約できたかを確認する方法は以下の方法があります。

  • 会員サイトにログインしてみる
    →ログインできなければ解約完了
  • 解約証明書をもらう
    →電話申し込みで後日郵送、または店舗窓口でその場で発行
  • 個人信用情報を開示する(CIC、JICC)
    →「終了状況」欄に「完了」の記述を確認する(CICの場合)
  • コールセンターに確認してみる(0120-24-0365)

 

自己破産をする予定ですが、解約手続きはどうなりますか?

自己破産であれば、基本的には司法書士・弁護士に手続きを任せることが多いです。自己破産では負債を含む債務整理を行うので、プロミスでも自動的に解約となります。
ただし、特定調停といった自分の力で債務整理を行う場合には、自分ですべての手続きをしなければなりません。

お金を借りるなら再契約?他社?

プロミスを解約した後に、どうしても急にお金が必要になったという場合には、再契約よりも他社のカードローンの利用がおすすめです。

プロミスで再契約を申請した場合、以前の返済実績を見た上での審査が行われるので時間がかかります

プロミスを解約する場合は、その後のライフプランをよく考えよう!

プロミスの借入は即日融資可能・Web完結・コンビニATM利用など、非常に便利なサービスを提供しています。

プロミスの解約はメリット・デメリットどちらもあるので、自身の今後のライフプランに合わせて借入の必要がなさそうであれば解約、まだまだ先行きが不安定という場合にはそのまま、という選択も自分で決めましょう

まとめ

プロミスの解約についての手順や注意点などを詳しく解説していきました。

プロミスの解約自体は10分程度と非常にスムーズに終わるので、身分証明書などの必要書類があればすぐにおわります。

また解約にあたってのメリット・デメリットなども考慮した上で自身に合った選択をしましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
▼▼当サイト1番人気はプロミス▼▼
今すぐお金を借りたい方はこちら▶▶▶
プロミス公式サイト
当サイト1番人気はプロミス♪
今すぐお金を借りたい方はこちら▶▶▶
プロミス公式HP